ルンバ960も届いたのでレビュー書きます!

スポンサーリンク
家電

先日、ルンバ960が3万円台だったので思わず買ってしまいました(^_^;)

これでルンバ960とルンバ980の2台が手元にあるので詳細の比較と使ってみたレビューをします。こちらを読むことで、ルンバi7とルンバ960で悩んでいる方の参考になると思います。また、ルンバ960とルンバ980の違いが判明します。

ルンバ960は公式サイトでの購入も可能ですが、ルンバ980はすでに廃盤のため公式サイトでは購入ができず、ヤフオクやメルカリなどからの購入となります。

ルンバ960の性能と特徴

ルンバiシリーズと比較

ルンバ960を比較する上で欠かせないのが、上位機種のルンバとどう違うかです。まずは同シリーズとiシリーズを比較するために比較表を作成しました。

並べてみるとよくわかりますが、当然ですが少しだけ違いますが安いですね。この違いと価格が自分の欲しい機能とマッチしているかが重要です。

全機種と見比べてみたい方は、私がルンバ980を購入する際に調べた2020-2021年現行の全シリーズの比較をしたので参考にしてください。

ルンバ960は上位機種のルンバi7に少しだけ劣るが、価格はかなり違う

 

iシリーズ 900シリーズ
モデル i7+ i7 980 960
画像
出所:iRobot社
クリーンベース900
(自動ゴミ収集機)
- - -
ナビゲーション
テクノロジー
iAdapt3.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt3.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt2.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt2.0
ビジュアル
ローカリゼーション
Imprint
スマートマッピング
- -
クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
+カーペットブースト
AeroForce
3段階クリーニング
システム
吸引力
(ルンバ671比)
約10倍 約10倍 約10倍 約5倍
自動充電&自動再開
稼働時間 最大75分 最大75分 最大120分 最大75分
ゴミフルサイン
ゴム製の
デュアルアクションブラシ
洗えるダスト容器 - -
ダストカット
フィルター
Wi-Fi対応
フロア
全体を清掃
Clain Map
レポート
ブラーバジェットm6連携
価格
(税込み)
142,780円 109,780円 60,000円 76,780円

いきなり気になるのは、Imprint スマートマッピング機能だと思いますので、まずはその解説から。
■Imprint スマートマッピングとは、簡単に説明すると、家の間取りを記憶する機能!
詳しくは後程説明します。

それでは機能を比較する前に、実際の価格をこちらから確認してください。こちらのサイトを作成した時点では上の価格ですが、キャンペーンなどで安くなっていることがよくあります。私はルンバ960を37,800円で購入しました。
リンクからすぐに確認できます。

ルンバ 980 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をするロボット掃除機のプレミアムモデル、ルンバ900シリーズ
ルンバ 960 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をする最高峰ロボット掃除機ルンバ900シリーズ
ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。

実際に使ってみたレビュー

実際に使ってみたところどうだったのか私の感想も入れてレビューします。

ナビゲーションシステムとImprintスマートマッピング

ルンバ960があるルンバの900シリーズ以降は、ルンバ自体に搭載しているカメラとフロアトラッキングセンサーで部屋の位置情報を正確に把握することが可能となっており、規則正しい動きで無駄のない掃除が可能です。他の口コミや書き込みを見ても、900シリーズとiシリーズにそこまで大きな違いはないそうです。

大きな違いは、複数の部屋の間取りを記憶できるかできないかです。Imprintスマートマッピングを搭載したiシリーズは家の間取りを記録することができますが、ルンバ960とルンバ980の900シリーズは毎回消去されます。
間取りを記憶できるとアプリから特定の部屋(寝室だけとか)だけを掃除することが出来るようになります。間取りを記憶することで掃除時間の短縮がされているようです。

間取りを記憶させて特定の部屋のみを掃除させたい?

【900シリーズ】

  • 掃除のたびに間取りを学習して適切な掃除ルートを計算しながら掃除
  • 掃除が終わると間取りは消去される

【iシリーズ】

  • Imprintスマートマッピングが加わったことで家の間取りを記録できる
  • 記録できることでリビングだけとか寝室だけとか、掃除する部屋を指定できる

【使ってみた感想】

ルンバ960もルンバ980も全く変わらないです。
今まで使っていたルンバ690と違って規則正しい動きで掃除します。また、カメラ搭載+センサーのおかげで、家具にぶつかる前に速度をしっかり落としてくれます。ルンバ690は家具にガツガツぶつかりながら方向転換していたので家具に傷が増えないかなど心配が無くなりました。

吸引力はどう?

ルンバ960の吸引力は600シリーズと比較して、吸引力が5倍です。ルンバ980やルンバi7は10倍です。
ルンバ960で掃除した直後にルンバ980で掃除すると、ゴミが取れるときもあれば、取れない時もありました。おそらくルンバ980はカーペットブースト機能があるのでその違いだと思います。

ルンバ960はルンバ600シリーズと比較して吸引力は5倍だが、ルンバ980とそこまで劇的に変わるものではなかった

【使ってみた感想】

ルンバ960はルンバ980と比較して吸引力の影響か掃除中は静かです。カーペットブーストがあるわけではないので音量は一定です。とはいえ、それなりにはうるさいので、掃除中にテレワークができるわけではないです。掃除機と一緒ですね(笑)

稼働時間はどう?

ルンバ960の最大稼働時間は75分です。これはルンバi7と同じです。ルンバ960には電池が少なくなると自動で充電スペースに戻って、充電後に掃除を再開する「自動充電と自動再開機能」があるので、あまり稼働時間は比較にならないかもしれません。

ルンバ960は最大稼働時間が75分とルンバi7と変わらない

【使ってみた感想】

ルンバ960の最大稼働時間は75分ですが、フロア全体を掃除してもそこまで時間が掛からないのでまだ恩恵を実感できていないです。いったいどのぐらい広い部屋だと75分で不満を感じるのかしら(^_^;)

メンテナンスは

ルンバ960とルンバ980はダストボックスを洗うことができませんが、ルンバi7とルンバi7+は洗うことが出来ます。ルンバi7+はクリーンベースもあるのでこれはiシリーズの方がメリット高いです。

ルンバ960はダストボックスが洗えない。

【使ってみた感想】

ルンバ960とルンバ980はダストボックスが洗えないです。昔使っていたルンバ690も洗えないのであまり気にしていませんでしたが、いままでの癖なのか未だに洗いたいと思ったことが無いずぼらな私(^_^;)

価格はどう?

ルンバ960はiRobot公式サイトからも購入ができますが、いろんなところでキャンペーンがしょっちゅう行われている印象です。キャンペーンの時はかなり安く購入することが出来ます。そういう時に買うのがいいと思います。ルンバe5を買うならe5より安くて機能が豊富なルンバ960ですかね。

ルンバ960はキャンペーンが頻繁に行われている印象

気になること1

ルンバ960はブラーバジェットm6と連携ができるので、ルンバで吸引掃除が終わったら拭き掃除まで自動でやってくれます。もちろん上位機種のi7ともs9+とも可能です。

ルンバとブラーバジェットを連携して一度に掃除したい方にはこの機能は最大のメリットですが、個人的にお勧めなのは、ブラーバジェット250になります。こちらは連携ができないですが、それでもブラーバジェット250が良いと思う理由をまとめているので、ブラーバジェットも一緒に購入を検討されている方は参考にしてください。毎日100人ほどに読んでいただいている人気の記事です。

ルンバ960はブラーバジェットm6と連携できる

気になること2

ルンバ960はそこまで掃除のときにうるさいというのは無いです。以前使っていたルンバ690とあまり変わらない印象です。もしかしたらルンバ980に慣れてしまっただけ?とはいえ、ブラーバジェットのように、読書しながらというわけにはいかないです(^_^;)

出社時とか買い物中に掃除すればあまり関係ないです。

ルンバ960はルンバ980と比較すると掃除音がそこまでうるさくない

気になること3

ルンバ960とルンバ980は、なによりも掃除が早いです。基本的には買い物とか外出する際に掃除していますが、すぐに掃除終了の案内がスマホに届きます。やはりスマホアプリは必須です。掃除時間は短いですが、しっかり掃除してくれてるのでそこは安心してください(笑)
我が家は案内に気付いたらスマホアプリが便利なので掃除開始のボタンを押しちゃいます(笑)

掃除時間は短いのにしっかり掃除してくれている!

まとめ

ルンバ960は6万円前後で購入できるので、コスパ最高の一台なので今が買い時だと思います。

eシリーズと悩むのでしたらもうちょっとお金を出して機能豊富なルンバ980をお勧めですし、ルンバi7と悩むのでしたら掃除したい部屋を選択したいとかでないならば安いルンバ980です。

Eシリーズもルンバi7もダストボックスが水洗い出来ますが、それでも金額と機能を考えればルンバ980はお勧めですよ。

最後にもう一度!実際の価格をほかの機種と比較してみてください。ルンバ980は生産が終わっているので、こんなお得な状態は在庫限りです。早めに購入した方が絶対にお得ですよ!

ルンバ 980 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をするロボット掃除機のプレミアムモデル、ルンバ900シリーズ
ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
ルンバ s9+ アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
ルンバ 960 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をする最高峰ロボット掃除機ルンバ900シリーズ
ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。

コメント

タイトルとURLをコピーしました