ようこそルンバ980、いままでありがとうルンバ690

スポンサーリンク
家電

ルンバ980は現在廃盤のためインターネットでしか購入することができません。また2015年販売だからなのか価格も2020年9月現在で6万円前後と格安です。まだネット上ではたくさんありますがいつ無くなるのかわからないのでロボット掃除機を検討している方は早めに購入した方が良いと思います。ロボット掃除機はルンバ以外にもたくさんありますが、これだけの機能を持ったロボット掃除機が6万円前後はコスパかなり良いです。

今回の記事は、こんな悩みを持っている方の問題解決に役立ちます。

  • ルンバの購入を検討しているけど、どれが我が家に良いのかいまいちわからない
  • ルンバ980が格安で買えるんだけど、ルンバ980を使った人のレビューを読みたい
  • ズボラな私を助けてくれるお掃除ロボットを探している

詳しくは私の実際のレビューと上位機種のルンバi7の比較を交えて説明いたします。

ルンバ980の性能と特徴

現行の900シリーズとiシリーズで比較

ルンバ980を比較する上で欠かせないのが、現行のルンバとどう違うかです。まずは比較表です。同シリーズとiシリーズを比較します。

並べてみるとよくわかりますが、ルンバ980は上位機種のi7よりも優れているところがちらほらあります。むしろ、劣るところがほとんどありません。

全機種と見比べてみたい方は、私が購入する際に調べた2020年現行の全シリーズの比較をしたので参考にしてください。

2020年末に思わずルンバ960が破格の3万円台だったので思わず買ってしまいました。実際に使ってみたレビューもこちらのページにまとめました。よかったら参考にしてください。

ルンバ980は上位機種のルンバi7と同等の機能を搭載!

 

iシリーズ 900シリーズ
モデル i7+ i7 980 960
画像
出所:iRobot社
クリーンベース
(自動ゴミ収集機)
- - -
ナビゲーション
テクノロジー
iAdapt3.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt3.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt2.0
ビジュアル
ローカリゼーション
iAdapt2.0
ビジュアル
ローカリゼーション
Imprint
スマートマッピング
- -
クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
AeroForce
3段階クリーニング
システム
+カーペットブースト
AeroForce
3段階クリーニング
システム
吸引力
(ルンバ671比)
約10倍 約10倍 約10倍 約5倍
自動充電&自動再開
稼働時間 最大75分 最大75分 最大120分 最大75分
ゴミフルサイン
ゴム製の
デュアルアクションブラシ
洗えるダスト容器 - -
ダストカット
フィルター
Wi-Fi対応
フロア
全体を清掃
Clain Map
レポート
ブラーバジェットm6連携
価格
(税込み)
142,780円 109,780円 60,000円 76,780円

実際にそれぞれの値段を確認してみてください。リンクからすぐに確認できます。これだけの機能を搭載したルンバ980がいまや60,000円前後の値段でですよ!驚きです。

ルンバ 980 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をするロボット掃除機のプレミアムモデル、ルンバ900シリーズ
ルンバ 960 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をする最高峰ロボット掃除機ルンバ900シリーズ
ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載

では、実際に使ってみたところどうなのか私のレビュー踏まえて説明いたします。

掃除能力はどうか?

ナビゲーションシステムとImprintスマートマッピング

ルンバ980がある900シリーズ以降は、ルンバ自体に搭載しているカメラとフロアトラッキングセンサーで部屋の位置情報を正確に把握することが可能となっており、規則正しい動きで無駄のない掃除が可能です。他の口コミや書き込みを見ても、900シリーズとiシリーズにそこまで大きな違いはないそうです。

大きな違いは、複数の部屋の間取りを記録できるかできないかです。Imprintスマートマッピングを搭載したiシリーズは家の間取りを記録することができますが、900シリーズは毎回消去されます。

間取りを記憶させて特定の部屋のみの掃除をさせたい?

【900シリーズ】

  • 掃除のたびに間取りを学習して適切な掃除ルートを計算しながら掃除
  • 掃除が終わると間取りは消去される

【iシリーズ】

  • Imprintスマートマッピングが加わったことで家の間取りを記録できる
  • 記録できることでリビングだけとか寝室だけとか掃除する部屋を指定できる

【使ってみた感想】

ルンバ980は今まで使っていたルンバ690と違って規則正しい動きで掃除します。また、カメラ搭載+センサーのおかげで、家具にぶつかる前に速度をしっかり落としてくれます。ルンバ690は家具にガツガツぶつかりながら方向転換していたので家具に傷が増えないかなど心配が無くなりました。

吸引力はどう?

ルンバ980とルンバi7のクリーニングシステムはAeroForce3段階クリーニングシステムでゴム製のデュアルアクションブラシ+パワーリフト吸引を採用しています。

こちらも驚くことに、ルンバ980とルンバi7はともに600シリーズ比が吸引力10倍です。ルンバ960は5倍となります。

さらにルンバ980はカーペットブーストが付いているのでカーペットやラグが多いご家庭にはルンバ980がお勧めです。スマホからフローリングもカーペットブーストで掃除できるよう設定可能です。

ルンバ980とi7は吸引力が10倍と同じ
ルンバ980はカーペットブースト機能付き(ルンバシリーズでは唯一搭載)

【使ってみた感想】

ルンバ980の吸引力はルンバ690とは比較にならないぐらい強いです。ルンバ980が到着した際、どのぐらい進化したのか試したかったので、ルンバ690で2回掃除した後にあえてルンバ980で掃除したところ、それでも驚くぐらいゴミが取れました。。。正直にビックリです( ゚Д゚)フローリングの隙間のゴミも問題なく掃除してくれています。

稼働時間はどう?

ルンバ980の最大稼働時間はなんと120分です。しかしルンバi7とルンバ960は最大稼働時間が75分です。ただ、自動充電と自動再開機能があるので、あまり稼働時間は比較にならないかもしれません。

ルンバ980は最大稼働時間が驚異の120分

【使ってみた感想】

ルンバ980の最大稼働時間は120分ですが、フロア全体を掃除してもそこまで時間が掛からないのでまだ恩恵を実感できていないです。75分だと足りないけど120分なら一回でできるというぐらい広い部屋に住みたい(^_^;)でも自動再開機能があるからあまり関係ないと思うのは庶民の私だけ?

価格はどう?

ルンバ980は残念ながら廃盤になるためiRobotの公式サイトから購入することができませんが、ネット通販ではまだまだたくさんある商品です。そしてこれだけの機能がありながら一番安いというよくわからない現象が起きています(笑)

ルンバ980はこれだけの高機能でありながら6万円前後とお財布に優しい

メンテナンスは

ルンバ980とルンバ960はダストボックスを洗うことができませんが、ルンバi7とルンバi7+は洗うことが出来ます。ルンバi7+はクリーンベースもあるのでこれはiシリーズの方がメリット高いです。

ルンバ980はダストボックスが洗えない

【使ってみた感想】

ルンバ980の唯一無い機能のダストボックスが洗えないこと。ルンバ690も洗えないのであまり気にしていませんでしたが、ルンバ980は吸引力が強く、本当に細かいゴミが多いため、ダストボックスのゴミを捨てるときに、ゴミが飛び散るという惨事が起きます。
対策としては、ゴミ箱の奥でゴミ捨てをするしかないです。慣れないうちはゴミ捨てをする度にゴミが舞い、またルンバ980で掃除するような珍事が起きます(^_^;)
ルンバi7とルンバ980の価格差で、水洗いの価値があるかは人それぞれだと思います(^_^;)

気になること1

ルンバ980はブラーバジェットm6と連携ができ、ルンバで掃除が終わったら拭き掃除まで自動でやってくれます。もちろん上位機種のi7ともs9+とも可能です。

ルンバとブラーバジェットM6を連携して、吸引掃除と拭き掃除を一度にしたい方には最大のメリット!

ブラーバジェット250はルンバと連携できませんが、私のお勧めはブラーバジェット250です。私がお勧めしたい理由はこちらにまとめていますので、ブラーバジェットの購入も検討されている方はぜひ読んでください。詳しくレビューもまとめています。

ルンバ980はブラーバジェットm6と連携できる

気になること2

ルンバ980は吸引力が強いので、モーター音がうるさく、ルンバ690と比べると掃除のときはかなりうるさいです。ブラーバジェットのように、読書しながらというわけにはいかないです(^_^;)

私は出社する時とか、買い物行くときにルンバ980に掃除してもらっているのであまり関係ないです。

ルンバ980は掃除音が意外にうるさい
後日、ルンバi7の掃除音も確認しましたが、同じぐらいうるさかったです(笑)

まとめ

ルンバ980は6万円前後で購入できるので、コスパ最高の一台なので今が買い時だと思います。

eシリーズと悩むのでしたらもうちょっとお金を出して機能豊富なルンバ980をお勧めですし、ルンバi7と悩むのでしたら掃除したい部屋を選択したいとかでないならば安いルンバ980です。

Eシリーズもルンバi7もダストボックスが水洗い出来ますが、それでも金額と機能を考えればルンバ980はお勧めです。

最後にもう一度!実際の価格をほかの機種と比較してみてください。ルンバ980は生産が終わっているので、こんなお得な状態は在庫限りです。早めに購入した方が絶対にお得です!

ルンバ 980 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をするロボット掃除機のプレミアムモデル、ルンバ900シリーズ
ルンバ i7 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載
ルンバ s9+ アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【クリーンな排気】ルンバのダストカットフィルターが犬や猫などによるアレルゲンを99%補足。
ルンバ 960 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
カメラとセンサーを駆使して、最大112畳の床掃除をする最高峰ロボット掃除機ルンバ900シリーズ
ルンバ e5 アイロボット ロボット掃除機
アイロボット(IRobot)
【強力吸引】2つの特殊素材ローラーでゴミを浮き上がらせ、モーターが生み出す気流で掃除機内部に真空状態を作るルンバ独自の「AeroForce3段階クリーニングシステム」搭載

コメント

タイトルとURLをコピーしました