ハワイ旅行決定!ついに日本からハワイ旅行が行けるようになりました

スポンサーリンク
旅行

ハワイ州知事(イゲ知事)から10月27日に、2020年11月6日(金)のフライトから日本も事前検査プログラムの適用開始との発表がありました。これで14日間の強制隔離処理が免除され、到着後すぐに観光へ行けるようになります。今回はその時の発言をざっくりご紹介いたします。
主人が現地の人と仕事をしている関係で知り得た内容ですので、かなり正確なはずです。

会見の内容

ハワイ州知事(イゲ知事)から10月27日に、ついに米国以外では初となる、事前検査プログラムの対象に日本を加わることが決定しました!

先日お伝えした通り、ハワイ州は日本の厚生労働省が認定した新型コロナウイルス感染症の検査である核酸増幅検査(NAAT:Nucleic acid amplification testing)が行える21の医療機関との契約が終わり、2020年11月6日(金)のフライトから事前検査プログラムの対象に日本を加えるとのことです。

事前検査プログラムとは、ハワイ州外から到着する旅行者がホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ)到着72時間前に新型コロナウィルスの陰性であったと証明できれば到着後14日間の強制隔離処置が免除されるプログラムのこと!

先日は、「ハワイ政府と日本の医療機関や政府と調整中」とのことでしたが、まずは日本の医療機関との調整が終わったようです。詳しくはこちらにまとめています。

今回発表された日本の追加ですが、アメリカ版の事前検査プログラムとはちょっと違い、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ)到着72時間前ではなく、日本出発の72時間以内に検査が必要になります。少しだけ時間に余裕があります。

新型コロナウィルスの陰性である証明書が発行できるのは、ハワイ州保険局が指定した日本国内の医療機関に限られており、その医療機関にて陰性証明書を発行していただき、陰性証明書をホノルル空港で提示する必要があります。

今回の発表では、日本国内の医療機関も発表されており、こちらの医療機関が対象となっています。2020年10月28日では21の医療機関で対応できます。

【ハワイ州が指定した医療機関】

No 医療機関名 所在地 ウェブサイト
1 札幌東徳洲会病院 北海道札幌市 https://www.higashi-tokushukai.or.jp/ 
2 亀田メディカルセンター 千葉県鴨川市 http://www.kameda.com/ja/general/ 
3 CLINIC FOR 大手町 東京都千代田区 https://www.clinicfor.life/otemachi/ 
4 亀田京橋クリニック 東京都中央区 http://www.kameda-kyobashi.com/ja/ 
5 聖路加国際病院 東京都中央区 http://hospital.luke.ac.jp/ 
6 CLINIC FOR 田町 東京都港区 https://www.clinicfor.life/tamachi/ 
7 Tケアクリニック浜松町 東京都港区 https://www.tcclinic.jp/pc/ 
8 芝国際クリニック 東京都港区 http://shibakoku-clinic.com/ 
9 西新橋クリニック 東京都港区 https://www.tramedic.com/ 
10 三田国際ビルクニリック 東京都港区 https://www.mkb-clinic.jp/ 
11 国立国際医療研究センター病院 東京都新宿区 http://travelclinic.ncgm.go.jp/index.html 
12 東京医科大学病院 東京都新宿区 https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/ 
13 KARADA内科クリニック 東京都品川区 https://karada-naika.com/ 
14 ロコクリニック 東京都目黒区 https://loco-clinic.com/ 
15 湘南鎌倉総合病院 神奈川県鎌倉市 https://www.skgh.jp/ 
16 トラベルクリニック新横浜 神奈川県横浜市 https://travelclinics.jp/ 
17 藤田医科大学病院 愛知県豊明市 https://hospital.fujita-hu.ac.jp/ 
18 藤田医科大学岡崎医療センター 愛知県岡崎市 https://okazaki.fujita-hu.ac.jp/ 
19 藤田医科大学ばんたね病院 愛知県名古屋市 https://bantane.fujita-hu.ac.jp/ 
20 野崎徳洲会病院 大阪府大東市 https://nozaki.tokushukai.or.jp/ 
21 やまさきファミリークリニック 兵庫県尼崎市 https://yamasaki-family-clinic.com/ 

もちろん、ハワイ到着24時間以内の健康情報登録(ヘルスチェックシート)や、到着時の検温も行われるとのことです。

ハワイ旅行の具体的な流れ

具体的には以下のようになります。

旅行前の準備(重要!)

いままでの旅行とは違い、旅行前の準備が増えますので注意してください。

  1. 出発の72時間以内に指定の医療機関で検査
  2. 出発の24時間以内に健康情報登録をし、QRコードを取得(印刷も可)
  3. 1.で受診した陰性証明書を取得し、指定のサイトにアップロード

ESTAなどの申請は通常通りに必要になりますので、忘れないようにしましょう。特にパスポートの有効期限は注意ですね(笑)

日本を出発する時の空港(これも重要!)

日本を出発する時にもパスポートの提示以外に特別な対応が必要となります。

  1. パスポート
  2. 健康情報のQRコード提示(印刷も可)
  3. 陰性証明書の提示
出国時にESTAは必要ないと思いますが、提示を求められるかもしれません。

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ)到着

ホノルル空港についてからも今までとは違います。万が一、到着時に熱があると、検体採取の同意書のサインをした上で新型コロナウィルスの検査となります。検査結果には24-48時間ほど掛かるそうです。

  1. サーモグラフィーによる検温
  2. 健康情報のQRコードと陰性証明書を提示
  3. 入国

ここまで無事に通過すれば14日間の強制隔離処置が無くなり、到着後すぐに観光ができます。

何かの手違いで隔離処置が適用されてしまった場合は注意です。隔離処置期間中に外出しているのが見つかると、罰金刑(5,000USDだったような?)となりますので注意してください。ハワイの保険局からホテルの部屋や携帯電話に電話が掛かってくるそうです。

ハワイ滞在中の注意

もちろん三密を避けるのは当然ですが、犯罪が増えていることを忘れないようにしてください。悲しいことに今のハワイはかなり治安が悪くなってしまっているそうです。

  1. マスクは必ず着用する
  2. 他人との距離(ソーシャル・ディスタンス)を確保する(どこも看板がある)

マスクの着用をしていないと罰金刑となります。この罰金刑の金額はハワイの裁判官が決めるため、裁判所に出頭する必要があります。

レストランなどの受付には、「ソーシャル・ディスタンス確保」の看板が出ているそうです。この距離を確保していないと旅行者や現地の方とのトラブルになりかねないので注意してください。

今後の課題

条件を満たすことでハワイ到着後の14日間の強制隔離が無くなりましたが、今度は日本帰国後の14日間の自主隔離が残っています。
日本では外務省が米国全土に対して、「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を出しています。

日本に帰国後、改めてPCR検査を受けて、陰性が証明されたとしても14日間の自宅もしくはホテルでの隔離が義務化されています。感染拡大しないよう注意していただきながら、優先的に緩和に取り組んでいただく必要がありそうです。
詳しくはこちらの外務省のホームページで確認できます。

まとめ

以上が10月27日に発表された内容です。いよいよ日本からハワイに行けるようになります。

先日はホノルルマラソンが中止もしくは延期が決定したばかりで、ハワイに行けるのは来年かな~と思っていたのですが、予想外に早かったです(笑)

私たちも引き続きマスクの着用とソーシャルディンタンスを守って行動しましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました