ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは?入会しないと確実に損します

スポンサーリンク
ヒルトンオナーズとはについての解説とポイントの仕組み 旅行
旅行

国内旅行や海外旅行のホテル探しで必ずと言っていいほどヒルトングループのホテルがでてきますよね。そして綺麗なホテルだけに宿泊費が高い。GOTOトラベルを使えればお得に泊まれたりしますが、いつでもGOTOトラベルが使えるわけではないし(^_^;)

そもそもヒルトン系列のホテルをお得に安く泊まれる方法ってないの?

あります!私たち(ほとんど夫だけど)は調べまくってお得に泊まれて、さらにVIP待遇まで受けれちゃう方法を見つけちゃいました!そしてルールが変わらない限りずっと使えるので、この方法を皆様に共有いたします!

まずは、ヒルトンホテルを上手に利用するには、以下のポイントがあります。これら全てを攻略できれば、通常よりもお得に泊まれて、VIP待遇も受けれるようになります。究極は無料でスイートルームに宿泊して、VIP待遇を受けることも可能です。ヤバくないですか?(笑)

【ぜひ覚えてほしい内容】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

今回は、「1.ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは?」について説明します。

今回の記事は、下記の問題解決・疑問解決に役立ちます。

  • ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)ってよく聞くけど、そもそもなに?
  • ヒルトン・オナーズに会員登録しないと損をするってどういうこと?
  • 入会はメリットしかないことはわかったけど、海外でもメリットがあるの?

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは

ヒルトンホテルグループには「ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)」という会員プログラムがあります。入会金や年会費などはすべて無料で会員になります。

詳しくは後程説明しますが、一言で言うと、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは顧客向けロイヤリティープログラムのことです。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の説明の前に、まずは世界を代表するヒルトンホテルグループの規模について説明します。

ヒルトンホテルは世界中にある!

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に参加しているホテルブランドは世界で18ブランドあります。ホテルは世界119か国にあり、世界各地になんと6,500件のホテルを有する巨大グループです。これだけのホテル数なので旅行を計画する時によく見るわけです(笑)

ヒルトン系列のホテルは世界に6,500件もある

18のホテルブランドには、こんなホテルがあります。よく聞くのは、ヒルトンホテルやコンラッドホテルなどですかね。ハワイとかだとヒルトン・ハワイアン・ビレッジなどもブランドのひとつです。

最近はLXRホテルというラグジュアリーブランドが京都に進出したとニュースになっていましたが、こちらもヒルトンホテルグループのひとつです。

ヒルトングループのホテルブランド種類

【18ブランド】

  1. Hilton Hotels & Resorts
  2. Waldorf Astoria Hotels & Resorts
  3. LXR Hotels & Resorts
  4. Conrad Hotels & Resorts
  5. Canopy
  6. Signia by Hilton
  7. Curio
  8. Tapestry Collection
  9. DoubleTree by Hilton™
  10. Embassy Suites by Hilton™
  11. Tempo by Hilton
  12. Motto by Hilton
  13. Hilton Garden InnHampton by Hilton®
  14. Tru by Hilton™
  15. Homewood Suites by Hilton
  16. Home2 Suites by Hilton
  17. Hilton Grand Vacations
  18. Hilton Honors

ヒルトンホテルって国内だとどこにあるの?

日本国内でヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に参加しているヒルトングループのホテルは、国内だと20か所もあります。最近はどんどん増えてきて、今後も増えていくと思います。

観光地やリゾート地はもちろんのこと、首都圏にもあるので、仕事の出張などでも使う方が多いのではないでしょうか。

こちらは2021年10月時点の情報です。

地域 ホテル名
北海道 ヒルトンニセコビレッジ
東京 ヒルトン東京
東京 コンラッド東京
東京 ヒルトン東京お台場
神奈川 ヒルトン小田原リゾート&スパ
神奈川 ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ
千葉 ヒルトン東京ベイ
千葉 ヒルトン成田
長野 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
愛知 ヒルトン名古屋
京都 ROKU KYOTO
大阪 ヒルトン大阪
大阪 コンラッド大阪
福岡 ヒルトン福岡シーホーク
長崎 ヒルトン長崎
沖縄 ヒルトン沖縄北谷リゾート
沖縄 ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
沖縄 ダブルツリー by ヒルトン那覇
沖縄 ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城
沖縄 ヒルトン沖縄瀬底リゾート

日本地図にヒルトンホテルをマッピング

ヒルトン系列のホテルはなぜか沖縄にたくさんある

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の内容について詳細

ここからは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)について詳しく説明しようと思います。先ほども説明しましたが、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは簡単に言うと、顧客向けロイヤリティープログラムのことです。つまり、会員になるとたくさんの特典が受けられるということです。

会員費用と入会条件

このヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)は入会金や年会費などはすべて無料で、公式HPから誰でも簡単に入会することができます。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の公式ページはこちらです。

入会するメリット

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に入会すると、ホテルの宿泊や、レストランの利用でヒルトンのポイントを貯めることができたり、2人目の宿泊料金が無料や、レイトチェックアウトなど、様々な特典が利用できます。

また、宿泊実績を重ねて「上級会員(エリートメンバー)」になると、ホテル滞在時の朝食が無料になったり、VIP御用達のクラブラウンジのアクセス権を得られたり、VIP待遇も受けれるようになります。

国内・海外問わず、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に参加しているヒルトングループのホテルに泊まるなら、入会しておかないと勿体ないです。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)は会員登録(入会金・年会費が無料)するだけで様々な特典が受けられるので、ヒルトンホテルを利用される方は絶対におすすめ!

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスの種類

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の会員には、以下の4つのステータスがあります。

  • メンバー会員
  • シルバー会員
  • ゴールド会員
  • ダイヤモンド会員

宿泊数や滞在数を積み重ねていくことで、ステータスが上がり、いわゆる上級会員(エリートメンバー)になれてます。

ヒルトン・オナーズでは、ステータスがゴールド会員以上のことを上級会員と定義しているようです。

上級会員(エリートメンバー)になると、客室のアップグレードやエグゼクティブラウンジを利用できます。宿泊以外でも、ヒルトンのレストランで良い席を準備していただけたりと、宿泊時はもちろんのこと、宿泊以外でもメリットがたくさんあります。

上級会員になると、ホテル宿泊とは別に、ホテルのれ鵜トラン利用だけでも無料で「VIP待遇」が受けられる。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の会員特典

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)の会員になると、ステータス(メンバー会員、シルバー会員、ゴールド会員、ダイヤモンド会員)ごとにいろんな特典があります。

会員ごとの取得条件や、会員別の特典については、こちらに詳しくまとめたので、ぜひ参考にしてください。本当に細かく各特典に説明しているので、こちらでは書ききれなかった(笑)

簡単に説明すると、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に入会するだけでもメンバー会員になれて、宿泊時に無料でWi-Fiが使えたり、レイト・チェックアウトが利用出来たりと、お得な特典があります。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に入会しないと、本当はWi-Fiが無料で使えるのに有料になってしまったり、本当にもったいないことが起きちゃう( ノД`)シクシク…

【会員別の特典一覧】

特典一覧 メンバー会員 シルバー会員 ゴールド会員 ダイヤモンド会員
会員向け割引保証
ボーナスポイントの加算 20% 80% 100%
特典滞在時のリゾート
料金不要
デジタルチェックイン&
客室の選択
Digital Key
(デジタルキー)
客室内およびロビーでの
Wi-Fi無料
スタンダード スタンダード スタンダード プレミアム
2人目の宿泊無料
レイト・チェックアウト
ポイント譲渡および
ポイントプール無料
5泊目無料 -
ボトルウォーター
2本無料
-
エリート会員の繰越特典 -
部屋のアップグレード - - エグゼクティブ
まで
1ベッド
スイートルーム
まで
朝食無料サービス - -
無制限の
マイルストーンボーナス
- -
エグゼクティブラウンジ
の利用
- - -
ダイヤモンド会員
資格の延長
- - -
48時間客室保証 - - -
エリート会員資格の
贈呈
- - -

繰り返しになりますが、それぞれの特典内容についても、こちらでかなり詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントについて

次に、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントについて説明します。もちろん、貯め方と使い方の2つがあるので、それぞれについて説明していきます。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントには2種類ある!

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントには2種類あって、一つはベースポイント、もう一つはボーナスポイントです。使う時は同じポイントとして使えるので気にする必要はありません。2つのポイントの違いは、ステータスの基準に使えるのかです。

  • ベースポイント
    1米ドルあたり10ポイント貯まります。このベースポイントは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスの一つの基準に使われています。もちろん、通常のポイントとしても使えます。
  • ボーナスポイント
    ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスによって、貯まり方が変わり、ベースポイントに対して、シルバーなら20%、ゴールドなら80%、ダイヤモンドなら100%が加算されます。こちらのポイントも通常のポイントとして使えますが、ステータスの基準としては使えません。
【ポイントを貯めるとき】
宿泊などで、ポイント2倍とか3倍も貯まるキャンペーンが良くありますが、付与されるのはボーナスポイントが対象になります。もちろんベースポイントのキャンペーンも稀にあります。
【ポイントを使うとき】
ポイントでの無料宿泊特典を使う時は、ベースポイントとボーナスポイントの合算したポイントが使えるので、あまり気にする必要は無いです。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの貯め方

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)ポイントの貯め方は、主に3パターンあります。他にも貯め方はありますが、海外のレンタカーとか効率が悪い方法なので、今回は省きます(^_^;)。

■ヒルトンポイントを貯める方法

  • 世界各地にあるヒルトングループのホテルを利用
  • ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用
  • ポイントを購入

ポイントサイトを使って貯めるとか、そういった類の貯め方は基本的にはできないです。

ヒルトングループでのホテルを利用して貯めることについては、どのぐらい貯まるのかなど、こちらで詳しく説明していますので、参考にしてください。

ヒルトンで唯一のカードである、ヒルトンアメリカンエキスプレスカードを使うと、最大7%のポイントが貯まります。こんな貯まるのは聞いたことが無いです。詳しくはこちらで説明していますので、参考にしてください。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの使い方

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)ポイントの使い方は「宿泊に交換」もしくは「航空会社のマイルに交換」の2つのみです。

■ヒルトンポイントを使う方法

  • 宿泊に使う(無料宿泊特典に交換する・ヒルトンポイントとキャッシュの組合せ)
  • 航空会社のマイルに交換する

詳しくは、別ページで説明いたしますので、もう少しお待ちください。

まとめ

ヒルトンホテルを通常よりもお得に泊まれて、VIP待遇も受ける基本編として、「1.ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)とは?」について説明いたしましたがいかがでしたか?

知りたいことや質問があればいつでも気軽にお問い合わせください。

次は、具体的にお得に泊まれる仕組みのひとつ、「2.ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)とは?」を説明いたします。こちらも基本編ですが、ぜひマスターしていただき、一緒にお得に泊まってVIP待遇を受けましょ!(笑)

【ぜひ覚えてほしい内容】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

今回も最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました