ヒルトンポイントの効率のいい貯め方と効率良く使って無料でスイートルームに泊まる!

スポンサーリンク
ヒルトンポイントの効率の良い貯め方と使い方 旅行
旅行

今回は、ヒルトンのポイントを効率よく貯めて、効率よく使う方法について説明します。

ヒルトンのポイントを持っていると、ヒルトングループのホテルを無料で宿泊ができるようになりますが、一番重要なのは、ヒルトンのポイントを効率よく貯める方法をマスターすること!です。

実は、ヒルトンのポイントを大量に貯めるにはコツがあります。コツさえ掴んでしまえばコンラッドなどの高級ホテルを無料で宿泊できるようになるので、ぜひマスターしてください。また、効率よく使う方法もあるので、今回は、貯め方と使い方の2つについて説明します。

今回の記事は、下記の問題解決・疑問解決に役立ちます。

  • ヒルトンのポイントはどうやって貯めるの?
  • 簡単にヒルトンのポイントを貯める方法ってあるの?
  • ヒルトンのポイントの貯め方に裏ワザってあるの?
  • 貯めたヒルトンのポイントはどのような使い道があるの?

こちらのページは、ヒルトンにお得に泊まって、さらにVIP待遇を受けるまでの流れについて説明している、7回目となります。前回は記事はこちらです。

今回は、「7.これが究極の宿泊方法!無料でスイートルームに泊まるには?」について説明します。

【ヒルトン攻略の内訳】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

ヒルトン・オナーズポイントについて

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの正式名称は、ヒルトン・オナーズポイントと言います。もちろんポイントなので、貯め方と使い方の2つがあるので、それぞれについて説明していきますね。

一番重要なのは、いかに効率よくヒルトン・オナーズポイントを貯めるか!
そして、効率よくヒルトン・オナーズポイントを使うか!

こちらでお話し内容と一部重複していますが、復習がてら参考にしてください。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントには2種類ある!

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントには2種類あります。一つはベースポイント、もう一つはボーナスポイントです。同じポイントとして使えるので気にする必要はありません。

この2つのポイントの違いは、ステータスの基準に使えるのかだけです。

  • ベースポイント
    1米ドルあたり10ポイント貯まります。このベースポイントは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスの一つの基準に使われています。もちろん、通常のポイントとしても使えます。
  • ボーナスポイント
    ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスによって、貯まり方が変わり、ベースポイントに対して、シルバーなら20%、ゴールドなら80%、ダイヤモンドなら100%が加算されます。こちらのポイントも通常のポイントとして使えますが、ステータスの基準としては使えません。
【ポイントを貯めるとき】
宿泊などで、ポイント2倍とか3倍も貯まるキャンペーンが良くありますが、付与されるのはボーナスポイントが対象です。ベースポイントが2倍とかは滅多にありません。
【ポイントを使うとき】
ポイントでの無料宿泊特典を使う時は、ベースポイントとボーナスポイントの合算したポイントで使えます。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの貯め方

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの貯め方は、主に以下の3パターンです。他にも貯め方はあるのですが、海外のレンタカーとか効率が悪い方法なので、今回は省略します(^_^;)。

■ヒルトンポイントを貯める方法

  • ヒルトングループのホテルに宿泊、もしくはレストラン等を利用(裏ワザあり!
  • ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用
  • ポイントを購入する

残念ながらヒルトンのポイントは、ポイントサイトからポイントを移行するとか、そういった類の貯め方はできないです( ノД`)シクシク…。

マリオットとかリッツ・カールトンだったら簡単にできるんですが、詳しくはこちらで詳しく説明しているので、マリオットとかリッツ・カールトンをお得に泊まりたい方は参考にしてください。

世界各地にあるヒルトングループのホテルを利用してヒルトンのポイントを貯める

一つ目は、ヒルトングループのホテルを利用してポイントを貯めることです。一番オーソドックスな貯め方です。

ベースポイントは、1米ドルあたり10ベースポイント貯まります。また、ボーナスポイント(エリート会員ボーナス)は、ヒルトン・オナーズのステータスによって加算されるポイント数が異なります。

ステータスがシルバー会員以上だと、下表の通りボーナスポイントが加算されます。ステータスがメンバー会員だとボーナスポイントは加算されませんが、ベースポイントを貯めることはできます。

ヒルトンオナーズのボーナスポイントの仕組み

ボーナスポイントは、ベースポイントに対して、シルバーなら20%、ゴールドなら80%、ダイヤモンドなら100%のボーナスポイントが加算されます。1米ドル=100円で計算すると以下のようになります。

【ステータスごとに貯まるポイント数】

ステータス ベースポイント ボーナスポイント 合計ポイント
メンバー 10 - 10
シルバー 2 12
ゴールド 8 18
ダイヤモンド 10 20
ホテルでの支払総額が20,000円だった場合、貯まるポイントはこんな感じです。
・メンバーステータス:2,000+0=2,000P
・シルバーステータス:2,000+400=2,400P
・ゴールドステータス:2,000+1,600=3,600P
・ダイヤモンドステータス:2,000+2,000=4,000P
これが基本の考え方!ポイント2倍・3倍キャンペーンなど、その時々によってルールが違うので確認が必要です。

例えば、2021年9月6日まで行われていた「3倍ポイントキャンペーン」では、3泊以上の滞在ならベースポイントの3倍もらえるキャンペーンでした。

3泊で合計60,000円(1ドル100円)で計算すると

  • ベースポイント:6,000ポイント
  • ボーナスポイント:12,000ポイント
  • 小計18,000ポイント
  • Welcomeボーナス:3,000ポイント(1泊1,000P)
  • ダイヤモンド会員ボーナス:6,000ポイント
  • 合計27,000ポイント

本当にいろんなキャンペーンがあって、色んなポイントが付くので、キャンペーンのチェックはもちろんですが、ポイントが本当に貯まりやすい仕組みになっています(笑)

27,000ポイントは、時期とホテルによっては無料で宿泊できるポイント数です。

キャンペーンの検索方法(裏ワザあり!)

ヒルトンで行っているキャンペーンは、登録しないとキャンペーン価格やポイント3倍キャンペーン等は適用されません。そのため、キャンペーンを上手に検索して登録できれば、ポイントがどんどん貯まる仕組みになっています。

ヒルトンのキャンペーン・オファーには、主に3パターンあります。

  1. ヒルトンの公式アプリやホームページにオファーが表示されている
  2. DMなどで直接オファーが届く
  3. 海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある(裏ワザ)
アプリやホームページにオファーが表示されている

1つ目の「アプリやホームページにオファーが表示されている」ですが、こちらは簡単です。ヒルトンのアプリを立ち上げると、キャンペーン・オファーのリンクがあるのでタップします。

ヒルトンのキャンペーン・オファー

色んなオファーが表示されるので、登録忘れを防止するためにもどんどん登録していきましょう。登録できないものもありますが、それはエラーで勝手に弾かれます(笑)

ヒルトンのキャンペーンオファーの詳細情報内容

 

DMなどで直接オファーが届く

2つ目の「DMなどで直接オファーが届く」ですが、こちらは、キャンペーンの対象者に届くものなので、来たらラッキー程度でとらえているしかないです。もはやこればっかりは「運」ですね(笑)

ただ、宿泊などのアンケートには小まめに対応すればDMやオファーが届く確率は上がると思います。

海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある(裏ワザ)

3つ目の「海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある」ですが、これはあまり知られていない方法ですので、ぜひチャレンジしてください。

日本のヒルトンのホームページは、日本向けの情報しか掲載されていませんが、海外のヒルトンのホームページには、アジア全体のキャンペーンなどが掲載されているので、海外のホームページもチェックしてください。

こちらはアメリカのヒルトンのキャンペーン・オファーページです。

こちらのページをスクロールしていただければ、中国やヨーロッパなど、別の国のキャンペーン・オファーページにもアクセスできます。

もちろんですが、海外旅行の際にも使えます。ハワイに旅行を考えていたら、ぜひアメリカのヒルトンのホームページもチェックしてください。

日本のホームページは日本人向けですが、アメリカのホームページはアメリカ人向けの情報が掲載されています。英語ですが、グーグルの自動翻訳使えば、日本語に変換されるので簡単ですよ(笑)

キャンペーンを見つけたらどんどん登録しましょう!キャンペーンが対象外で適用されなかったら、条件を満たさなかったんだな~ぐらいの軽い気持ちで、どんどん登録してOKです。私はいつも片っ端から登録しまくっています(笑)

イタリア語などは全く読めませんが、気付いたらどんどん登録しています(笑)

ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用してヒルトンポイントを貯める

次に、ヒルトンで唯一のクレジットカードである、ヒルトンのアメックスカードを利用することです。このカードには2種類のラインナップがあります。

  • ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード(以下、ヒルトンアメックス)
  • ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(以下、ヒルトンプレミアム)

詳しくは、こちらにまとめていますので参考にしていただければと思いますが、このカードを使うだけで、ヒルトンのポイントが貯まって、さらにゴールド会員にもなれちゃう魔法みたいなカードです。

アメックスのカードを使うことで、100円の利用で7ポイントも貯まります。還元率7%ですよ!通常だったら1%とか多くても2%です。カードの利用だけでこんなにポイントが貯まるカードって聞いたことありますか(笑)

ヒルトンポイントを購入して貯める

ヒルトンポイントを購入する方法もあります。

購入方法は、公式ホームページ(英語)からの購入となります。1年で80,000ヒルトンポイントしか購入できないとか、返金はできないなどの注意事項があります。

こちらについては、後日詳細をアップいたします。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントの使い方

次に、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)ポイントの使い方についてです。ヒルトンポイントの使い方は、「宿泊に交換」もしくは「航空会社のマイルに交換」の2つのみです。

■ヒルトンポイントの使い道

  • 宿泊に使う(無料宿泊特典に交換する・ヒルトンポイントとキャッシュの組合せ)
  • 航空会社のマイルに交換する(ANA・JALなど、40社以上の航空会社)

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントが使えるホテル

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)で貯めたポイントは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に参加しているホテルであればどこでも使えます。

つまり、ヒルトングループのホテルは世界に6,500件ありますが、これが全て無料で泊まれます。国内であれば、どこのホテルでもポイントで宿泊できます。

ヒルトン・オナーズポイントは世界中のホテルで使うことができる

貯めたヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントを宿泊で使うには2つの方法がある!

宿泊でヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)で貯めたポイントを使う方法は2つあります。

  • 全てポイントで宿泊する無料宿泊(おすすめ)
  • ポイント&お金で宿泊(おすすめしない)

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントのみで宿泊する(おすすめ)

貯めたヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)ポイントの使い方で一番のおすすめはこれ。ヒルトンのポイントのみで宿泊するパターンです。

ポイントでの無料宿泊特典は、5,000ポイントから利用可能で何泊でもできます。残念ながら日本国内で5,000ポイントから泊まれるところは無いです(^_^;)。ポイントのみで宿泊する場合は、消費税やリゾート税などの余計な出費は必要ありません。

また、ポイントでの無料宿泊は除外日(ブラックアウト)が無いので、空室があれば年末年始でも、お盆の時期でもいつでも利用できます。

ポイントでの宿泊は、ブラックアウトが無いので、空室があれば豪華なスイートルームでも泊まれる!
必要なポイント数は、ホテルや宿泊時期によって異なるので、都度公式サイトや公式アプリで確認する必要があります。

無料宿泊するのに必要なポイント数

次に、一番気になる無料宿泊するのに必要なポイント数ですが、利用する時期やホテルによって異なります。当然といえば当然ですが(^_^;)

必要なポイント数は公式サイトかヒルトン・オナーズ・アプリで確認できます。こちらが国内ホテルのポイントが一番少ない時期と一番多い時期をまとめた表です。

【最大必要ポイント数と最小必要ポイント数一覧表】

※「-」は変動するため、公開していないとのことでした

ホテル名 最小ポイント数 最大ポイント数
ヒルトンニセコビレッジ - 70,000
ヒルトン東京 - 70,000
コンラッド東京 72,000 95,000
ヒルトン東京お台場 46,000 70,000
ヒルトン小田原リゾート&スパ - 95,000
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ - -
ヒルトン東京ベイ 33,000 80,000
ヒルトン成田 20,000 20,000
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン 76,000 95,000
ヒルトン名古屋 37,000 60,000
ROKU KYOTO - -
ヒルトン大阪 - 70,000
コンラッド大阪 93,000 95,000
ヒルトン福岡シーホーク - 50,000
ヒルトン長崎 - -
ヒルトン沖縄北谷リゾート 39,000 80,000
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 49,000 80,000
ダブルツリー by ヒルトン那覇 17,000 35,000
ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 17,000 40,000
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 46,000 80,000

また、ヒルトンの公式ページでも宿泊に必要なポイント数を確認できます。英語ですが、都市名かホテル名を入力すれば検索できます。

こちらのページの中ほどで、「Choose a location」に”JAPAN”を入力して、「Discover Destinations」のボタンを押せば検索できます。

ヒルトンホテルで無料宿泊特典に必要なポイント数を検索する画面

 

ヒルトン・オナーズポイントの価値とは(重要)

次に気になるのは、ヒルトン・オナーズポイントの価値ですよね。

分かりやすい様に、この2つのホテルを比較してみます。こちらは、2021年11月6日に、2021年11月17日(水)の宿泊料金と必要ポイントを調べたものです。場所もブランドも違うので単純比較はできませんが、ポイントの単価列に注目してください。

ポイントの単価の計算式は宿泊料金/必要ポイント数
必要ポイント数 宿泊料金 ポイントの単価※
ヒルトン小田原リゾート&スパ 116,000 23,085 0.20
ROKU KYOTO 95,000 100,890 1.06

例えば、ヒルトン小田原リゾート&スパは宿泊料金が23,085円に対して、必要ポイント数は116,000ヒルトン・オナーズポイント必要になり、1ポイント=0.2円の価値(23,085円/116,000ポイント)になります。同様にROKU KYOTOも計算すると、1ポイント=1.06円の価値(100,890円/95,000ポイント)になります。

この場合だったら明らかにROKU KYOTOに泊まった方が得です。

私の経験では、大体1ポイント0.8円以上だったらポイントの方が絶対にお得です。1ポイント0.6円ぐらいだと、ポイントにするかお金で払うか悩んできます。

宿泊料金が高い時期とか、ハイブランドなホテルは、1ポイント1円近くになる傾向がある。ニューヨークにあるホテルをポイントで宿泊すると、大体1ポイント1円ぐらいになっている。

参考まで、国内ホテル全てを、2021年11月6日に、2021年11月17日(水)の宿泊料金と必要ポイントについて調べたものです。場所や宿泊時期などによって大きく異なるので、参考程度にしてください。

【必要ポイント数表】

ホテル名 必要ポイント数 宿泊料金 ポイントの単価※
ヒルトンニセコビレッジ 65,000 23,940 0.37
ヒルトン東京 49,000 17,955 0.37
コンラッド東京 89,000 25,650 0.29
ヒルトン東京お台場 46,000 16,758 0.36
ヒルトン小田原リゾート&スパ 116,000 23,085 0.20
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ - - -
ヒルトン東京ベイ 33,000 11,970 0.36
ヒルトン成田 20,000 8,550 0.43
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン 172,000 48,735 0.28
ヒルトン名古屋 35,000 12,825 0.37
ROKU KYOTO 95,000 100,890 1.06
ヒルトン大阪 56,000 20,349 0.36
コンラッド大阪 95,000 38,475 0.41
ヒルトン福岡シーホーク 47,000 19,600 0.42
ヒルトン長崎 60,000 37,573 0.63
ヒルトン沖縄北谷リゾート 91,000 25,565 0.28
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 43,000 15,818 0.37
ダブルツリー by ヒルトン那覇 17,000 5,985 0.35
ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 19,000 6,840 0.36
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 45,000 16,732 0.37

国内のホテルでもポイントの価値に5倍の開きがあります。できるだけポイントの価値が高いホテル・時期に使うと、ポイントのお得感が倍増します(笑)

このポイント単価の考え方は、ポイントの価値を考えるときに絶対に必要になることなので、ぜひマスターしてください。

ポイントとお金を組み合わせる「ポイント&マネー」で宿泊もできる

次に、ポイントとお金の組合せで宿泊する方法です。

無料宿泊にヒルトン・オナーズポイントが足りなくても、不足分はお金で支払うことができます。ポイントとお金の割合はスライダーを使って自由に設定できて、わかりやすくてとても便利です。

ヒルトンホテルのポイントとお金をフレキシブルに変更できるスライダー

ポイントとお金は、スライダーを使って自由に設定ができるので、ポイントの使い勝手は優れている!

ヒルトン・オナーズポイントをマイルに交換(お勧めしない)

ヒルトンポイントの使い方のもう一つの方法は、貯めたヒルトンポイントをANAやJALなどの航空会社のマイルに交換する方法です。

ただし、ヒルトンポイントの価値が恐ろしく減ってしまうので、あまりおすすめできない(^_^;)。マイルに交換するなら、ヒルトンポイントを無料宿泊に交換した方が断然お得です。

10,000ヒルトン・オナーズポイント⇒1,000マイル程度

【10,000ヒルトンポイントを各航空会社に交換した際のマイル数】

航空会社 マイル数
ANA-全日空 1,000マイレージクラブ・マイル
JAL-日本航空 1,000JALマイレージバンク・マイル
デルタ航空 1,000デルタマイル
ユナイテッド航空 1,000マイレージプレス・マイル
アメリカン航空 廃止
ハワイアン航空 1,500HawaiianMiles
エミレーツ航空 1,000エミレーツ・スカイワーズマイル

ほかの航空会社についても確認したい方は、こちらの公式サイトで確認できます。

ヒルトン・オナーズポイントの有効期限

ヒルトンポイントの有効期限は基本1年となっていますが、ポイント自体に増減があれば有効期限がまた延長されます。

ヒルトン系列のホテルを利用するか、ヒルトンのアメックスカードを使っていれば、ポイントはほぼ無期限で有効ということです(笑)

もしもポイントが失効してしまいそうな緊急事態になった時は、ヒルトンの公式サイトからポイントを購入することもできるので、どうにもならなくなったら購入するのもアリです。

まとめ

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のポイントは、手に入れた情報を活用すればびっくりするぐらいどんどん貯まる仕組みになっています。ヒルトンのポイントを効率よく貯めて、お得に泊まる方法って結構あります。全てを知ってた方は意外に少ないのではないでしょうか。

毎月コンラッドホテルで普段の疲れを癒すとかも無料でできるようになりますし、海外での宿泊ホテルも悩むことがなくなると思います。ぜひ今回のノウハウをマスターしてください。

【ヒルトン攻略の内訳】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

今回も最後までありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました