ヒルトンポイントの使い方と貯め方とポイントの価値!世界中のホテルが無料になる!

スポンサーリンク
ヒルトンポイントの効率の良い貯め方と使い方 旅行
旅行

今回は、ヒルトンポイントの使い方と貯め方とポイントの価値の3点について詳しく説明します。

ヒルトンポイントの使い方は、主に、ポイントでの無料宿泊に交換航空会社のマイルに交換商品と交換の3つですが、ヒルトンポイントを使うには、何よりもヒルトンポイントの貯め方が重要です。

ヒルトンポイントの貯め方に関しては、ちょっとしたコツがあり、コツさえ掴んでしまえば、大量に貯めることができます。夢のスイートルームもポイントで宿泊できますよ(笑)

今回の記事は、下記の問題解決・疑問解決に役立ちます。

  • ヒルトンポイントの使い方で一番のおすすめはやっぱりポイントでの無料宿泊?
  • ヒルトンポイントの価値ってどのぐらいあるの?
  • ヒルトンポイントにも効率のいい貯め方があるの?
  • ヒルトンポイントで宿泊する時の必要ポイント数は?

こちらのページは、ヒルトンにお得に泊まって、さらにVIP待遇を受けるまでの流れについて説明している、7回目となります。前回の記事はこちらです。

今回は、「7.これが究極の宿泊方法!無料でスイートルームに泊まるには?」について説明します。

【ヒルトン攻略の内訳】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

  1. ヒルトンポイントについて
  2. ヒルトンポイントには2種類ある!
    1. ヒルトンポイントの有効期限
  3. ヒルトンポイントの使い方
    1. ヒルトンポイントで宿泊できるホテル
      1. ヒルトンポイントを宿泊で使うには2つの方法がある!
      2. ヒルトンポイントのみで宿泊する無料宿泊特典(←おすすめ)
      3. 無料宿泊するのに必要なヒルトンポイント
      4. ポイントとお金を組み合わせて宿泊する「ポイント&マネー」
    2. ヒルトンポイントをマイルに交換(お勧めしない)
    3. ヒルトンオナーズショッピングモールで交換
  4. ヒルトンポイントの価値とは(重要)
    1. 私のヒルトンポイントの価値
    2. ポイント価値の計算方法
    3. ホテルごとにポイント価値を計算した結果
  5. ヒルトンポイントの貯め方
    1. 貯め方の1つ目:世界各地にあるヒルトングループのホテルを利用してヒルトンのポイントを貯める
    2. ヒルトンポイントを大量に貯めるキャンペーンの検索方法(裏ワザあり!)
      1. アプリやホームページにオファーが表示されている
      2. DMなどで直接オファーが届く
      3. 海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある(裏ワザ)
    3. 貯め方の2つ目:ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用してヒルトンポイントを貯める
    4. 貯め方の3つ目:ヒルトンポイントを購入して貯める
  6. まとめ

ヒルトンポイントについて

ヒルトンポイントの正式名称は、ヒルトン・オナーズポイントと言います。もちろんポイントなので、使い方と貯め方とポイントの価値の3つが重要になります。それぞれについて詳しく説明していきます。

一番重要なのは、ヒルトンポイントの使い方と貯め方のコツを掴むこと!

ヒルトンポイントには2種類ある!

ヒルトンポイントには実は2種類あります。

一つはベースポイント、もう一つはボーナスポイントです。両方とも同じポイントとして使えるので気にする必要はありませんが、この2つのヒルトンのポイントの違いは、ヒルトンの会員ステータスの基準に使えるか使えないかだけです。

会員ステータスとは、ヒルトンのダイヤモンド会員、ゴールド会員、シルバー会員、メンバー会員のことで、詳しくはこちらを参考にしてください。どこよりも詳しく説明しています。

会員ステータスによっては、貯まるポイントが全然違います。会員ステータスが上がるにつれてどんどんヒルトンポイントが貯まりやすい仕組みが準備されています。のちほど詳しく説明します。

  • ベースポイント
    1米ドルあたり10ポイント貯まります。このベースポイントは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスの基準に使えます。もちろん、通常のポイントとしても使えます。
  • ボーナスポイント
    ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)のステータスによって、貯まり方が変わり、ベースポイントに対して、シルバーなら20%、ゴールドなら80%、ダイヤモンドなら100%が加算されます。こちらのポイントも通常のポイントとして使えますが、ステータスの基準としては使えません。
【ヒルトンポイント】
ヒルトンポイントを使う時は、ベースポイントとボーナスポイントを合算したポイントで使える。

ヒルトンポイントの有効期限

ヒルトンポイントの有効期限は15か月となっていますが、ポイントが動くようなことがあれば、有効期限はそこから15か月となります。

ヒルトン系列のホテルを利用するか、ヒルトンのアメックスカードを使っていれば、ポイントはほぼ無期限で有効ということです(笑)

もしもポイントが失効してしまいそうな緊急事態になってしまったら、ヒルトンの公式サイトからポイントを購入することもできるので、どうにもならなくなったら購入するのもアリです。どうせ購入するなら海外のポイントサイト経由で購入した方が断然お得!詳しくはこちらにまとめていますので、良かったら参考にしてください。

ヒルトンポイントの使い方

まずはヒルトンポイントの使い方についてです。ヒルトンポイントの使い方は、主にこの3つになります。ショッピングモールがあるので、正直なところ交換先には困らないですが、やっぱり一番お得なのは、ヒルトンポイントでの無料宿泊です。

ヒルトンポイントの使い方はやっぱりヒルトンポイントの宿泊が一番お得!

■ヒルトンポイントの使い道

  1. ヒルトポイントで宿泊する
  2. 航空会社のマイルに交換する(ANA・JALなど、40社以上の航空会社)
  3. ヒルトンオナーズのショッピングモールで使う

他にも使い道はありますが、あまりにも効率が悪かったり、日本人には少し使いづらい内容になるので今回は割愛します(^_^;)。ちょっとだけ紹介すると、ホテル内でのスパやレストランでの利用、レンタカーの無料レンタル(海外)などになります。

ヒルトンポイントの使い方で重要になるのは、やはりヒルトンポイントの価値になります。ヒルトンポイントの価値についてはのちほどご説明いたします。

ヒルトンポイントで宿泊できるホテル

ヒルトンのポイントは、ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)に参加しているホテルであればどこでも使えます。

つまり、ヒルトングループのホテルは世界に6,500件あり、ほぼ全てのホテルがヒルトンポイントで宿泊できます。もちろん国内であれば、どこでもヒルトンポイントで宿泊できます。(一部使えないホテルもありますが海外でしかも数件だけです。)

ヒルトンポイントは世界中のホテルで宿泊に使うことができる

ヒルトンポイントを宿泊で使うには2つの方法がある!

ヒルトンポイントを使って宿泊するには2つの方法があります。

  • ヒルトンポイントで無料宿泊(←おすすめ)
  • ポイント&お金で宿泊(←おすすめしない)

ポイント&お金とは、宿泊代金の一部をポイントで支払う方法です。貯めたポイントを無駄なく使うことができるメリットがありますが、一方でポイントの価値は極端に低くなります。詳しくは↓で詳しく説明します。

ヒルトンポイントのみで宿泊する無料宿泊特典(←おすすめ)

貯めたヒルトンポイントの使い方で一番のおすすめはこれで、ヒルトンポイントのみで無料宿泊するパターンです。ヒルトンポイントなので宿泊に使うのが一番いいのは当然ですよね。

ポイントでの無料宿泊特典は、5,000ポイントから利用可能で何泊でもできます。残念ながら日本国内で5,000ポイントから泊まれるところは無いです(^_^;)。

ヒルトンポイントで宿泊できる部屋は、スタンダードルームから、スイートルームまで空きがあれば全ての部屋が選択できます。もちろん、ゴールド会員やダイヤモンド会員だったら、部屋のアップグレードも対象です。

※マリオットグループのホテルはポイント宿泊できる部屋に限りがありますが、ヒルトングループのホテルは空室があれば使えます。

こちらはヒルトン東京のスイートルーム宿泊に必要なポイント数です。タワースイートだと142,000ポイントで宿泊できます。一番安い部屋の宿泊料金は21,000円/44,000ポイントでした。

ヒルトンポイントのみで宿泊する場合は、消費税やリゾート税などの余計な出費は必要ありません。地味に嬉しい特典です。リゾート税って、ハワイのリゾート税は1泊数ドルとかするようです。

ヒルトンポイントだけでの連泊も可能です。こちらは、5連泊以上すると5泊ごとに5泊目が無料になります。予約時に5泊分のヒルトンポイントが無いといけないとかそういうルールは無いので安心してください(笑)

ヒルトンポイントの宿泊は、除外日(ブラックアウト)がありません。空室があれば年末年始でも、お盆の時期でもいつでも利用できます。これはポイントがたくさんある人にはかなり嬉しい特典です。

ヒルトンポイントでの宿泊は、ブラックアウトが無いので、年末年始やお盆の時でも、空室があればスイートルームでもポイントで宿泊できる!
無料宿泊に必要なヒルトンポイント数は、ホテルや宿泊時期によって異なるので、都度公式サイトや公式アプリで確認する必要があります。

無料宿泊するのに必要なヒルトンポイント

無料宿泊するのに必要なヒルトンポイント数は、利用する時期やホテルによって異なります。当然といえば当然ですが(^_^;)

必要なヒルトンのポイント数は、公式サイトかヒルトンの公式アプリで確認できます。こちらが国内ホテルのポイントが一番少ない時期と一番多い時期をまとめた表です。

【各ホテルの最大・最小必要ポイント数一覧表】

※「-」は変動するため、公開していないとのことでした

ホテル名 最小ポイント数 最大ポイント数
ヒルトンニセコビレッジ - 70,000
ヒルトン東京 - 70,000
コンラッド東京 72,000 95,000
ヒルトン東京お台場 46,000 70,000
ヒルトン小田原リゾート&スパ - 95,000
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ - -
ヒルトン東京ベイ 33,000 80,000
ヒルトン成田 20,000 20,000
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン 76,000 95,000
ヒルトン名古屋 37,000 60,000
ROKU KYOTO - -
ヒルトン大阪 - 70,000
コンラッド大阪 93,000 95,000
ヒルトン福岡シーホーク - 50,000
ヒルトン長崎 - -
ヒルトン沖縄北谷リゾート 39,000 80,000
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 49,000 80,000
ダブルツリー by ヒルトン那覇 17,000 35,000
ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 17,000 40,000
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 46,000 80,000

また、ヒルトンの公式ページでも宿泊に必要なポイント数を確認できます。英語ですが、都市名かホテル名を入力すれば検索できます。

こちらのページの中ほどで、「Choose a location」に”JAPAN”を入力して、「Discover Destinations」のボタンを押せば検索できます。

ヒルトンホテルで無料宿泊特典に必要なポイント数を検索する画面

ポイントとお金を組み合わせて宿泊する「ポイント&マネー」

ヒルトンポイントとお金の組合せて宿泊することもできます。

ヒルトンポイントがちょっとだけ残っているから使いたい時や、無料宿泊にヒルトンポイントが足りない時など、ポイントとお金で宿泊代金を支払うことができます。ポイントとお金の割合はスライダーを使って自由に設定できて、わかりやすくてとても便利です。

ヒルトンホテルのポイントとお金をフレキシブルに変更できるスライダー

ポイントとお金の割合は、スライダーを使って自由に設定ができる。ポイントがちょっとだけ残っているときにも活用できます。

ヒルトンポイントをマイルに交換(お勧めしない)

ヒルトンポイントの使い方2つ目は、貯めたヒルトンポイントをANAやJALなどの航空会社のマイルに交換する方法です。結論から言ってしまうと、こちらはヒルトンポイントの価値が恐ろしく減ってしまうので、あまりおすすめできません(^_^;)。

ヒルトンポイントをANAやJALに交換すると、1/10(10,000ヒルトンポイントが1,000マイル)になります。

東京⇔沖縄をマイルで飛ぶには、往復で15,000マイル必要ですが、ヒルトンポイントで考えると、150,000ポイント必要になります。2人分だったら30万ポイント(^_^;)

ヒルトンポイントが150,000Pもあったら、ヒルトン東京ベイだったら、1泊33,000ポイント必要なので、5連泊すると165,000ポイント必要ですが、5泊目は無料になりますので4泊分の132,000ポイントで5連泊できます。沖縄のチケットか、ヒルトン東京ベイ5連泊を選択するかで意見が分かれますが、私だったら5連泊選んじゃいます(笑)

10,000ヒルトン・オナーズポイント⇒1,000マイル程度

【10,000ヒルトンポイントを各航空会社に交換した際のマイル数】

航空会社 マイル数
ANA-全日空 1,000マイレージクラブ・マイル
JAL-日本航空 1,000JALマイレージバンク・マイル
デルタ航空 1,000デルタマイル
ユナイテッド航空 1,000マイレージプレス・マイル
アメリカン航空 廃止
ハワイアン航空 1,500HawaiianMiles
エミレーツ航空 1,000エミレーツ・スカイワーズマイル

ほかの航空会社についても確認したい方は、こちらのヒルトン公式サイトで確認できます。

ヒルトンオナーズショッピングモールで交換

ヒルトンポイントの使い方3つ目は、貯めたヒルトンポイントをヒルトンのオンラインショップである、ヒルトンオナーズショッピングモール(公式サイトはこちら)で商品と交換することです。

こちらのショッピングモールでは、電化製品、チケット・金券、アクセサリー、スポーツ用品、住まい・インテリアなどと交換ができます。商品数はかなりの数です。10,000商品以上はありそう???

ですが、こちらもマイルと同様に、ポイントの価値が極端に下がってしまいますので、あまりお勧めできません。

例えば、金券と比較するとこんな感じで、ヒルトンポイントの価値が極端に下がります。5,000円分のギフトカードでホテル1泊と同等ぐらいです。

商品名 ヒルトンポイント
図書カード(1,000円/3,000円/5,000円・・・) 10,030P/20,800P/32,085P
QUOカード(1,000円/3,000円/5,000円・・・) 10,760P/21,315P/32,600P
JCBギフトカード(1,000円/3,000円/5,000円・・・) 10,545P/21,315P/32,600P

高額になると還元率は少しだけ良くなります。JCBギフトカード150,000円分だったらヒルトンポイント873,205Pと交換できますが・・・ヒルトンポイントが870,000Pもあったら何連泊できるのか・・・交換レートはかなり悪いですね。。。

ヒルトンのオンラインショップでの使い方は簡単です。まずは、ヒルトンオナーズショッピングモール(公式サイトはこちら)こちらをクリックしていただき、購入する地域を選んでいただければ利用できます。見るだけでもいいかもしれないですね(笑)

私は購入したことが無いので、手続き方法はわからないですが、国内からの発送になるのだと思います。

ヒルトンポイントの価値とは(重要)

次は、ヒルトンポイントの価値についてです。ヒルトンポイントを使う判断基準のひとつとして欠かせないのが、このポイントの価値です。今回は、ポイントの価値を検討する上で必要な計算方法も一緒にご説明します。

ヒルトンポイントとは、ヒルトンのサービスを利用することで付いてくる「無料でいただけるモノ」だから、貯めるのは0円なので、使う時はメリットしかないという考えもありますが、今回は使う側に絞って考えています。※ポイントは購入することもできます。

私のヒルトンポイントの価値

私が基準としているヒルトンポイントの価値についてご説明します。

ヒルトンポイントの価値は人によって意見が分かれると思いますが、私の答え(基準)としては、1ポイントの価値は0.6円がラインです。1ポイント0.7円以上であればポイントを使う可能性が高くなりますし、逆に1ポイントの価値が0.6円以下であればヒルトンポイントはまず使わないです。

■ポイントを利用する時の判断基準

1ポイントの価値 対応
0.6円未満 ポイントの価値が低いのでまず使わない
0.6円~0.8円 ポイント以外のメリットで判断
0.8円以上 ポイントの価値が高いので使う可能性は高い

ポイント価値の計算方法

分かりやすい様に、この2つのホテルを比較してみます。こちらは、2021年11月6日に、2021年11月17日(水)の宿泊料金と必要ポイントを調べたものです。場所もブランドも違うので単純比較はできませんが、ポイントの単価列に注目してください。

必要ポイント数 宿泊料金 ポイントの単価※
ヒルトン小田原リゾート&スパ 116,000 23,085 0.20
ROKU KYOTO 95,000 100,890 1.06
ポイントの単価 = 宿泊料金/必要ポイント数

例えば、ヒルトン小田原リゾート&スパは宿泊料金が23,085円に対して、必要ポイント数は116,000ヒルトンポイント必要になり、1ポイント=0.2円の価値(23,085円/116,000ポイント)になります。同様にROKU KYOTOも計算すると、1ポイント=1.06円の価値(100,890円/95,000ポイント)になります。

この2つで比較すれば、間違いなくROKU KYOTOに泊まった方がお得ということがいえます。

私の経験では、大体1ポイント0.8円以上だったらポイントの方が絶対にお得です。1ポイント0.6円ぐらいだと、ポイントにするかお金で払うか悩むので、支払いをお金にすることによるメリットがあるかで判断しています。

宿泊料金が高い繁忙期(ハイシーズン)とか、ハイブランドなホテルは、1ポイント1円近くになる傾向があります。

ヒルトンポイントの貯め方でもご説明しますが、ヒルトンポイントは、1ポイント0.6円程度で購入することもできるので、繁忙期やハイブランドのホテルだったらポイントを使った方が宿泊料金をお金で支払うよりも確実に安くなります。詳しくはこちらでまとめていますので、良かったら参考にしてください。

ホテルごとにポイント価値を計算した結果

国内ホテル全てを、2021年11月6日に、2021年11月17日(水)の宿泊料金と必要ポイントについて調べたものがこちらです。場所や宿泊時期などによって大きく異なるので、参考としてください。

国内のホテルでもポイントの価値に5倍の開きがあります。できるだけポイントの価値が高いホテル・時期に使うと、ポイントのお得感が倍増しますよ(笑)

年末年始とか、お盆期間、GWなどの繁忙期では、宿泊料金も上がりますが、宿泊に必要なポイント数も上がります。

【必要ポイント数表】

ホテル名 必要ポイント数 宿泊料金 ポイントの単価
ヒルトンニセコビレッジ 65,000 23,940 0.37
ヒルトン東京 49,000 17,955 0.37
コンラッド東京 89,000 25,650 0.29
ヒルトン東京お台場 46,000 16,758 0.36
ヒルトン小田原リゾート&スパ 116,000 23,085 0.20
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ - - -
ヒルトン東京ベイ 33,000 11,970 0.36
ヒルトン成田 20,000 8,550 0.43
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン 172,000 48,735 0.28
ヒルトン名古屋 35,000 12,825 0.37
ROKU KYOTO 95,000 100,890 1.06
ヒルトン大阪 56,000 20,349 0.36
コンラッド大阪 95,000 38,475 0.41
ヒルトン福岡シーホーク 47,000 19,600 0.42
ヒルトン長崎 60,000 37,573 0.63
ヒルトン沖縄北谷リゾート 91,000 25,565 0.28
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 43,000 15,818 0.37
ダブルツリー by ヒルトン那覇 17,000 5,985 0.35
ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 19,000 6,840 0.36
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 45,000 16,732 0.37

ヒルトンポイントの貯め方

ヒルトンポイントの貯め方は、主にこの3つになります。

■ヒルトンポイントを貯める方法

  1. ヒルトングループのホテルに宿泊、もしくはレストラン等を利用(裏ワザあり!
  2. ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用
  3. ポイントを購入する

他にも貯め方はありますが、あまりにも効率が悪いとか、日本人の私たちには使い勝手が悪いので今回は割愛します(^_^;)。紹介だけすると、海外のレンタカーの利用とか、ヒルトンと提携している会社のサービスを利用することでちょっとだけ貯まります。

2021年7月にヒルトンオナーズに入会しましたが、1年も経たずに28万ポイント貯まりました。効率よく貯めれば簡単に貯めることができます。

また、ヒルトンポイントは、モッピーなどのポイントサイトからポイントを移行するとか、そういった類の貯め方はできないです( ノД`)シクシク…。

マリオットホテルやリッツ・カールトンホテルだったらモッピーから簡単にポイントの移行ができるから、モッピーで貯めたポイントでリッツカールトンに無料宿泊とかできるんですけどね~(^_^;)

マリオットホテルやリッツ・カールトンホテルに、お得に泊まりたい、もしくは無料で泊まりたい方は、詳しい方法をまとめているので、こちらを参考にしてください。

貯め方の1つ目:世界各地にあるヒルトングループのホテルを利用してヒルトンのポイントを貯める

ヒルトンポイントの貯め方の1つ目は、ヒルトングループのホテルを利用してポイントを貯めることです。一番オーソドックスな貯め方であって、王道です。

ベースポイントは、1米ドルあたり10ベースポイント貯まります。また、ボーナスポイント(エリート会員ボーナス)は、ヒルトン・オナーズのステータスによって加算されるポイント数が異なります。

ステータスがシルバー会員以上だと、下表の通りボーナスポイントが加算されます。ステータスがメンバー会員だとボーナスポイントは加算されませんが、ベースポイントを貯めることはできます。

ヒルトンオナーズのボーナスポイントの仕組み

ボーナスポイントは、ベースポイントに対して、シルバーなら20%、ゴールドなら80%、ダイヤモンドなら100%のボーナスポイントが加算されます。1米ドル=100円で計算すると以下のようになります。

【ステータスごとに貯まるポイント数】

ステータス ベースポイント ボーナスポイント 合計ポイント
メンバー 10 - 10
シルバー 2 12
ゴールド 8 18
ダイヤモンド 10 20
ホテルでの支払総額が20,000円(200ドル)だった場合、貯まるポイントはこんな感じです。
・メンバーステータス:2,000+0=2,000P
・シルバーステータス:2,000+400=2,400P
・ゴールドステータス:2,000+1,600=3,600P
・ダイヤモンドステータス:2,000+2,000=4,000P
これが基本の考え方!ポイント2倍・3倍キャンペーンなど、その時々によってルールが違うので確認が必要です。

例えば、2021年9月6日まで行われていた「3倍ポイントキャンペーン」では、3泊以上の滞在ならベースポイントの3倍もらえるキャンペーンでした。(ベースポイントの2倍のボーナスポイントが貰えたということ)同時にWelcomeボーナスポイントキャンペーンも行っていて、1泊で1,000ポイントが貰えました。

3泊で合計60,000円(600ドル)で計算すると

  • ベースポイント:6,000ポイント
  • ボーナスポイント:12,000ポイント
    • 小計18,000ポイント
  • Welcomeボーナス:3,000ポイント(1泊1,000P)
  • ダイヤモンド会員ボーナス:6,000ポイント
    • 合計27,000ポイント

27,000ポイントの価値については、のちほど説明いたしますので、もう少しお待ちください。

いろんなキャンペーンが同時に行われているので、ポイントが本当に貯まりやすい仕組みになっています。うまい仕組みですね~(笑)

ヒルトンポイントを大量に貯めるキャンペーンの検索方法(裏ワザあり!)

ヒルトンで行っているキャンペーンは、登録しないとキャンペーン価格やポイント3倍キャンペーン等は適用されません。そのため、キャンペーンを上手に検索して登録できれば、ポイントがどんどん貯まる仕組みになっています。

ヒルトンのキャンペーン・オファーには、主に3パターンあります。

  1. ヒルトンの公式アプリやホームページにオファーが表示されている
  2. DMなどで直接オファーが届く
  3. 海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある(裏ワザ)

登録しないで宿泊したとしても、キャンペーンのメリットが全くないので、気付いたらどんどん登録しましょう!後で登録するとか考えていると100%忘れちゃいます・・・私だけ?(^_^;)

キャンペーンに気付かない・エントリー忘れが一番辛い・・・そして、なぜか後で気付いてしまう( ;∀;)

アプリやホームページにオファーが表示されている

1つ目の「アプリやホームページにオファーが表示されている」ですが、こちらは簡単です。ヒルトンのアプリを立ち上げると、キャンペーン・オファーのリンクがあるのでタップします。

ヒルトンのキャンペーン・オファー

色んなオファーが表示されるので、登録忘れを防止するためにもどんどん登録していきましょう。登録できないものもありますが、それはエラーで勝手に弾かれます(笑)

ヒルトンのキャンペーンオファーの詳細情報内容

 

DMなどで直接オファーが届く

2つ目の「DMなどで直接オファーが届く」ですが、こちらは、キャンペーンの対象者に届くものなので、来たらラッキー程度でとらえているしかないです。もはやこればっかりは「運」ですね(笑)

ヒルトン系列のホテルに宿泊すると、かなりの確率でアンケートが届きます。宿泊などのアンケートには小まめに回答すればDMやオファーが届く確率は上がると思いますよ。こればっかりはわからないですけどね~。

海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある(裏ワザ)

3つ目の「海外のヒルトンのホームページにもお得情報がある」ですが、これはあまり知られていない方法ですので、ぜひチャレンジしてください。

日本のヒルトンのホームページは、日本向けの情報しか掲載されていませんが、海外のヒルトンのホームページには、アジア全体のキャンペーンなどが掲載されているので、海外のホームページもチェックしてください。

こちらはアメリカのヒルトンのキャンペーン・オファーページです。

こちらのページをスクロールしていただければ、中国やヨーロッパなど、別の国のキャンペーン・オファーページにもアクセスできます。

もちろんですが、海外旅行の際にも使えます。ハワイに旅行を考えていたら、ぜひアメリカのヒルトンのホームページもチェックしてください。

日本のホームページは日本人向けですが、アメリカのホームページはアメリカ人向けの情報が掲載されています。英語ですが、Google Chromeのページ翻訳機能を有効にすれば、ワンクリックで日本語に翻訳してくれます。設定方法から使い方までをこちらにまとめていますのでよかったら参考にして下さい。

キャンペーンを見つけたらどんどん登録しましょう!キャンペーンが対象外で適用されなかったら、条件を満たさなかったんだな~ぐらいの軽い気持ちで、どんどん登録してOKです。私は気付いた時点でいつも片っ端から登録しまくっています(笑)

英語もですがイタリア語などは全く読めません。でも気付いたらどんどん登録しています(笑)

貯め方の2つ目:ヒルトンと提携しているアメリカンエキスプレスカードを利用してヒルトンポイントを貯める

ヒルトンポイントの貯め方の2つ目は、ヒルトンで唯一のクレジットカードである、ヒルトンのアメックスカードを利用することです。このカードには2種類のラインナップがあります。

  • ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード(以下、ヒルトンアメックス)
  • ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(以下、ヒルトンプレミアム)

こちらのカードは、持っているだけでゴールド会員もしくはダイヤモンド会員にもなれちゃう魔法みたいなカードです。

さらにこちらのアメックスカードを使うことで、100円の利用で7ポイントも貯まります。還元率7%ですよ!通常だったら1%とか多くても2%ですよね。カードの利用だけでこんなにポイントが貯まるカードって聞いたことありますか(笑)まさに神カードです。

こちらのカードは、旅行や出張が多い方には特におすすめできますので、詳しくこちらにまとめました。良かったら参考にしてください。

貯め方の3つ目:ヒルトンポイントを購入して貯める

ヒルトンポイントの貯め方の3つ目は、ヒルトンポイントを購入することです。購入方法は、公式ホームページ(英語)からいつでも購入することができます。

ヒルトンポイントを購入するメリットはあまり無く、理由はこの2つに絞られます。

  1. 無料宿泊したいけど、ヒルトンポイントがちょっと足りない
  2. ヒルトンポイントの有効期限を延長させたい

※無料宿泊については、のちほど「ヒルトンポイントの使い方」で詳しく説明します。

ですが、それでもあえて購入するメリットがあるときがあります。それは、ヒルトンポイントの購入を、半額セール」、もしくは「100%ボーナスセールのキャンペーン時に購入することで、宿泊料金を半額以上も安くできる時があります。

繁忙期(ゴールデンウィークやお盆、年末年始)に宿泊料金を半額にしたい方必見!
ヒルトンポイントの購入タイミングや宿泊料金を半額にする方法については、こちらで詳しく説明していますので、良かったら参考にしてください。

まとめ

ヒルトンポイントは、手に入れた情報を活用すればびっくりするぐらいどんどん貯まる仕組みになっています。ヒルトンのポイントを効率よく貯めて、お得に泊まる方法って結構あります。全てを知ってた方は意外に少ないのではないでしょうか。

毎月コンラッドホテルで普段の疲れを癒すとかも無料でできるようになりますし、海外での宿泊ホテルも悩むことがなくなると思います。ぜひ今回のノウハウをマスターしてください。

【ヒルトン攻略の内訳】

1.2.3は基本編です。4.5は応用編で、6.7は基本と応用の集大成!みたいな感じです(笑)

今回も最後までありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました